「ダブル洗顔」は面倒…!それでもおすすめしたい理由があります

スキンケア

クレンジングでメイクを落として、さらに石鹸や洗顔フォームなどで洗顔をすることを「ダブル洗顔」といいます。2回洗うのが面倒で、「ダブル洗顔不要」のクレンジングを選ぶ人も多いですよね。でも敏感肌のためには、ダブル洗顔がおすすめ。それにはこんな理由があるからです。

「ダブル洗顔」にはちゃんと意味がある

クレンジング後に洗顔をするのは、「クレンジングのぬるつきを落とすためだけ」だと誤解されがち。でもたとえぬるつきが少ないタイプのクレンジングだったとしても、ダブル洗顔は必要です。

なぜかというと、クレンジングと洗顔では「落とせる汚れ」が違うからです。肌には「油性」と「水性」、性質の違う2タイプの汚れがくっついているので、クレンジングと洗顔でダブル洗顔をすることで、やっとキレイになるんです。

■「クレンジング」で落とせる汚れ

クレンジングで落とせるのは、メイクや毛穴汚れや角栓など、油性の汚れです。

■「洗顔」で落とせる汚れ

洗顔で落とせるのは、不要な角質やほこり、汗、細菌などの汚れや、余分な皮脂です。

「ダブル洗顔不要」と書かれていないクレンジングなのに、「メイクが落ちたならキレイに洗えてるはず」と、その後の洗顔を省略してしまっている人、いませんか? 肌のために、今日からきちんとダブル洗顔をしてあげてくださいね。

「ダブル洗顔不要」タイプは、肌質によっては注意が必要

肌の汚れを落とすために必要なダブル洗顔は、2回洗う分、手間と時間がかかってしまいます。「忙しいし、面倒だし、1回で済ませたい」というニーズに応えて開発されたのが、「ダブル洗顔不要」タイプのクレンジング。とっても便利なんですが、肌質によっては少し注意が必要です。

ダブル洗顔不要ということはつまり、油性の汚れを落とす「クレンジング」と、水性の汚れを落とす「洗顔」の役割を兼ね備えているということ。このように2種類の汚れを一度でキレイに落とすためには、どうしても強めの洗浄剤を使うことになります。

肌には、乾燥や外的刺激を防ぐための「バリア機能」が備わっています。強すぎる洗浄剤は「バリア機能」に欠かせない天然の潤い成分「細胞間脂質」まで洗い流してしまう恐れがあるんです。「バリア機能」が崩れがちな敏感肌やトラブル肌の人は、注意して使うことをおすすめします。

肌へのやさしさを考えるなら「ダブル洗顔」

クレンジングと洗顔を別々におこなうダブル洗顔は、確かに時間と手間がかかります。でも油性の汚れと水性の汚れを別々に落とすから、どちらもほどよい力の洗浄剤で十分。だから「バリア機能」にダメージを与えにくいんです。

クレンジング&洗顔も、大切なスキンケア。時間があるときは、ダブル洗顔でやさしく落としてあげましょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。