「だから敏感肌には固形石鹸がいいんです」肌〇の開発者が理由を解説

スキンケア

洗顔料といえば、チューブから出して使うペースト状のものや、最近は泡で出てくるフォームタイプのものも見かけますよね。

でも敏感肌・トラブル肌用スキンケアブランド「肌〇」で採用しているのは、昔ながらの固形石鹸です。どうして今、あえて固形石鹸なのか。お客さまからご質問いただくこともあるので、今回はその理由をお話ししたいと思います。

皮脂汚れと古い角質は落として、「肌のバリア機能」は守りたい

ホコリや汗は水やぬるま湯で簡単に落ちますが、洗顔料を使わないと落とせないのが、皮脂汚れと古い角質。毛穴に詰まった角栓は、これらが混ざったものです。肌の表面には、洗顔によって洗い流してはいけないものもあります。それが「肌のバリア機能」の要となる「細胞間脂質(セラミドやコレステロールなど)」です。

美しく健康的な肌は、水分を含んだ角質層が「細胞間脂質」という天然の油分でしっかり密着し、その上を薄い皮脂膜が覆うことで、天然の「バリア機能」を果たしています。「バリア機能」が乱れると角質層に隙間が生まれ、水分がス~ッと蒸発していったり、外的刺激を受けやすくなったりします。実は、これが敏感肌・トラブル肌の正体。

肌にとって、洗顔で汚れを落とすことと同じくらい、「バリア機能」を守ることも大切なのです。

「界面活性剤=悪」ではないけど、「合成界面活性剤」の種類と量にはご注意を

皮脂汚れを落とすには水と皮脂をなじませる必要があるので、どの洗顔料にも必ず界面活性剤が配合されています。界面活性剤と聞くと身構えてしまう人もいるかもしれませんが、実は界面活性剤は自然の中、もっといえば人間の体の中にも存在しているものです。これらを「天然界面活性剤」といいます。決して「界面活性剤=悪」ではないのです。

一方、注意が必要なのが石油などを原料として人工的につくられた「合成界面活性剤」。種類がたくさんあるので一概にはいえませんが、皮脂汚れを落とす力が強い半面、「肌のバリア機能」に欠かせない「細胞間脂質」まで洗い流してしまったり、すすいだ後も肌に残って刺激になったりすることもあります。

固形石鹸は「弱アルカリ性の天然界面活性剤」

固形石鹸以外の洗顔料は、水をベースに「天然または合成の界面活性剤」を配合してつくります。でも固形石鹸は、その昔はヤシの実や動物性の脂と灰を混ぜてつくっていた(今は灰の代わりに水酸化ナトリウムなどを使います)ことからも分かるよう、石鹸素地(石鹸のベース)そのものが「天然界面活性剤」となっています。

「天然界面活性剤」は洗浄力が「合成界面活性剤」ほど強くないので、「肌のバリア機能」に必要な「細胞間脂質」まで洗い流すことはありません。「洗浄力が弱いなら、固形石鹸では汚れがきちんと落ちないんじゃない?」と思うかもしれませんが、固形石鹸には界面活性剤以外にも汚れを落とす仕組みがあります。それが「弱アルカリ性」の効果です。

「弱アルカリ性」には、タンパク質である古い角質を柔らかくして肌から離れやすくする力と、酸性である皮脂を分解・中和する力があります。だから洗浄力がマイルドな「天然界面活性剤」でも、落としたい汚れがきちんと落ちるんです。

【ミニコラム】意外かもしれませんが、固形石鹸のような見た目をしていても「合成界面活性剤」を配合したものもあります。全成分を見て、一番上に「石ケン素地」や「カリ含有石ケン素地」、次に「水」と書いてあればほぼ間違いなく純粋な固形石鹸。購入する前に確かめてみることをおすすめします。

「弱酸性」にこだわると界面活性剤に頼ることに

肌は一時「弱アルカリ性」に傾いても、自然に出る皮脂によって自然と「弱酸性」に戻るという性質があります。CMなどで見かける「弱酸性が肌にやさしい」という理論は、そのときの負担に注目したものです。確かに多少の負担はかかるのですが、「『弱酸性』に戻るときの負担によって肌が活性化され、美肌になる」という事実もあることはあまり知られていません。

また「弱酸性」だと「弱アルカリ性」のように皮脂汚れや古い角質を落としやすくする性質がないので、界面活性剤の力に頼らざるを得なくなります。界面活性剤をたくさん使ったり、強い合成界面活性剤を使ったりする必要が出てくるのです。そうすると洗い流した後も界面活性剤が肌に残りやすくなり、「肌のバリア機能」にダメージを与え続けることになってしまいます。

【ミニコラム】ちなみに固形石鹸の泡が肌に残ってしまった場合、どうなると思いますか?実は肌が「弱アルカリ性」から「弱酸性」に戻るときに、泡の成分は皮脂に含まれる成分と同じ脂肪酸に変化します。つまり、たとえ肌に残ったとしても刺激になりにくく、さらには新鮮な皮脂膜として「肌のバリア機能」をサポートしてくれるのです。

固形石鹸ならもともと添加物フリー

さらに、固形石鹸にはこんなメリットもあります。固形石鹸は水分がかなり少ないので、分離を防ぐための「乳化安定剤」や「pH調整剤(pH安定剤)」、雑菌の繁殖を防ぐための「防腐剤」を配合する必要がそもそもありません。これらの成分は敏感肌・トラブル肌には刺激となる可能性があるので、使わない方がいいものです。固形石鹸なら基本的に「乳化安定剤フリー」「pH調整剤(pH安定剤)フリー」「防腐剤フリー」ということになります。

肌〇は根拠を持って固形石鹸を選んでいます

敏感肌・トラブル肌で悩む人のために生まれたスキンケアブランド「肌〇」。

特にデリケートな肌に使っていただくものだということもあり、確かな根拠をもって慎重に研究・開発をおこなっています。 肌〇の「ナチュラルフェイスソープ」は、3年もの研究・開発期間を経て発売。そしてさらによいものにするために、何十回と試作を重ねてリニューアルをしました。これだけの試行錯誤を経てしても、「敏感肌・トラブル肌には固形石鹸がいい!」という意見は変わっていません。

【ミニコラム】日本は世界でも数少ない「固形石鹸が合う水質の国」。海外に多い硬水では固形石鹸が泡立ちにくく、使いにくいのです。せっかく固形石鹸が合う軟水の国にいるんですから、やさしく汚れを落とすことができる固形石鹸を使わないのはもったいないことです。

肌〇オリジナルの配合でよりやさしい石鹸に

肌〇の「ナチュラルフェイスソープ」は、固形石鹸であることに加え、泡立ちを助ける天然成分や、汚れを吸着するベントナイト(泥)や炭、保湿成分や肌をすこやかに保つ成分などを配合し、敏感肌・トラブル肌によりやさしい製法を追及しています。

私たちが開発した固形石鹸「ナチュラルフェイスソープ」で、悩みを抱える多くの人の肌が、健康で美しくなることを願っています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。