化粧品の使用期限ってどのくらい? 長持ちさせる保管方法は?

スキンケア

次から次へと目移りして、増えてしまった化粧品。大事に使いすぎて、随分長く使っている化粧品。 怖いことを言うようですが、その化粧品…腐っているかもしれません…。今回は、化粧品の使用期限や長持ちさせる保管方法・使用方法についてお話しします。

化粧品にも使用期限がある

食品のように明記されていないので、ずっと使えるものだと思ってしまいがちですが、実は化粧品にも使用期限があります。そもそも化粧品は水分を含んでいるので腐りやすいもの。開封して雑菌などが入ると、変質する可能性もあるんです。

使用期限が表記されていない化粧品の使用期限は、ずばり【未開封なら製造日から3年】が目安です。

ただし現実的には、購入した時点で製造日から月日が経っていることがほとんど。製造日が分からない場合は、長くても購入してから2年程度を目安にするとよいかと思います。 ただし、これは未開封の場合。開封した化粧品は、なるべく早く使い切りましょう目安は半年程度です。

製造日が書いていない場合、どうやって調べるの?

一部を除いて、日本では製造日が書かれていない化粧品が多いですよね。製造日をきちんと知って使用期限を計算したい場合は、メーカーにロット番号(底面などに英数字で記載されている番号)を伝えることで、製造年月日を教えてもらうことができます。メーカーはそのような問い合わせに答える義務があるんです。

万が一教えてもらえないとすれば、それはきちんとしたメーカーではない可能性大…。化粧品を選ぶときは、信頼できるメーカーで選ぶということも大切ですね。

長持ちさせる保管方法は?

製造日から未開封で3年、開封後は半年を目安に…というのは、化粧品にとっていい環境で保管・使用されている場合の話です。化粧品を使用期限内で安心して使うためには、以下のことに注意しましょう。

●直射日光の当たる場所に置かない
直射日光に当たると容器の中の温度が上がったり、紫外線が影響したりして、化粧品の品質がどんどん劣化していきます。窓のそばは避けるようにしてください。また日光が当たっているときは暑く、夜になると寒くなるような場所も、化粧品の使用期限を速めてしまうので注意しましょう。

●高温多湿の場所に置かない
30℃を超える室内や夏の車内に置きっぱなしにすると、化粧品は腐りやすくなります。食品も同じですよね。
高温多湿になりやすい洗面所に化粧品を置きたい場合は、換気扇などを利用して温度や湿度を下げるようにしましょう。20~25度前後の風通しのいい場所がベストです。浴室に置くのは、水が入り込みやすくなるので避けましょう

●冷蔵庫に入れない
「化粧品は冷暗所に保管すると良い」という知識から、冷蔵庫で保管する人もいます。ずっと冷蔵庫の中に入れっぱなしにするならOKなのですが、使うときは冷蔵庫から出しますよね。その出し入れによる温度変化も、品質を劣化させる原因になってしまうんです。
「要冷蔵」と書いてある化粧品以外は、冷蔵庫に入れると成分が結晶化して分離してしまう場合もあるので、常温保管をおすすめします

長持ちさせる使用方法は?

化粧品の劣化や変質を速めてしまう原因は、雑菌の侵入と空気に触れることによる酸化です。開封してから半年程度、安心して使うためには、それらをなるべく減らすことが大切です。

●指の雑菌が化粧品に入らないようにする
化粧品を使う前には手を洗いましょう
ジャータイプの化粧品を使う場合は指を直接入れず、スパチュラなどを使うこと。そして使ったスパチュラは、ティッシュでキレイに拭き取るようにしてください。

●フタをきちんと閉める
化粧品は空気に触れると酸化してしまうので、フタはしっかり閉めること。フタのまわりが汚れていると雑菌が入る原因になったり、閉まりにくくなったりするので、こまめに拭き取りましょう。

使用期限内でも、こんな化粧品は使わないで!

保管の仕方や使い方が悪いと、使用期限にかかわらず品質が劣化している可能性があります。いつもと違うなと感じたら、使い続けずに捨てるようにしてください。

●変色している
クリームの色が黄色く変わったり、透き通った液体が濁って見えたりしたら、変質したサインです。

●変なニオイがする
いつもと違うニオイがしたら、危険信号。腐っているかもしれません。

●分離している
液体と固体などに分離していたら、もう使わないようにしましょう。振って使うタイプの化粧品は例外です。

●テクスチャーが変化した
「サラサラ」「とろとろ」など、元々のテクスチャーが変化したと感じたら要注意です。

小さな変化を見逃さないように、意識して確認する必要がありそうです。

肌のために使う化粧品。腐ってしまった化粧品を使って肌に悪影響を与えることのないよう、化粧品は早めに使い切るようにしましょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。