第二のバリア機能「肌フローラ」に注目!

スキンケア

肌には角質層の「バリア機能」以外にも、みずから潤って肌トラブルを防ぐ機能があります。それが、“第二のバリア機能”とも呼ばれている「肌フローラ」です。

「肌フローラ」とは

肌の表面には、目には見えない約1兆匹の菌(皮膚常在菌)がいます。その菌の集まりのことを皮膚常在菌叢(ひふじょうざいきんそう)、別名「肌フローラ」と呼びます。

フローラとはお花畑のことで、皮膚常在菌叢を顕微鏡で見るとお花畑のように見えることが由来です。 肌にそんなにたくさんの菌がいると聞くと、ちょっと気持ち悪いような気もしますが、皮膚常在菌は美しい肌を保つためにはとっても大切な存在です。腸の中にもビフィズス菌などたくさんの菌がいて、「腸内フローラ」と呼ばれているのは有名ですよね。

「腸内フローラ」の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れると(善玉菌が減って、悪玉菌が増えると)健康に悪影響を与えるように、「肌フローラ」の善玉菌と悪玉菌のバランスを整えることが、美肌へのカギとなります。

「美肌菌(善玉菌)」「日和見菌」「悪玉菌」の違い

肌フローラの中には、大きく分けると3種類の菌がいます。

■美肌菌(善玉菌)
「表皮ブドウ球菌」に代表される、美肌に欠かせない菌です。 皮脂や汗をエサとしてグリセリンや脂肪酸を生み出します。グリセリンは肌に潤いを与えて乾燥を防ぎ、外的刺激をブロック。脂肪酸は皮脂や汗と混ざり合って皮脂膜となり、肌の表面を弱酸性に保つことで雑菌や悪玉菌の繁殖を抑えてくれます

■日和見菌
「アクネ菌」に代表される、状況によって善玉菌(美肌菌)にも悪玉菌にもなる菌です。 通常は悪さをすることはありませんが、「肌フローラ」の中に悪玉菌が増えると、ニキビなどの肌トラブルを引き起こします。

■悪玉菌
「黄色ブドウ球菌」に代表される、肌に悪影響を与える菌です。善玉菌が少ないと増えやすく、肌荒れやアトピー性皮膚炎といった肌トラブルの原因となります。

美肌菌を育てる「菌活スキンケア」

美肌菌(善玉菌)が多く、悪玉菌が少ないのが、理想的な「肌フローラ」のバランスです。「肌フローラ」のバランスが乱れると、乾燥や肌荒れといった肌トラブルが目立ちはじめます。

「肌フローラ」をケアするには、どうすればよいのでしょうか。

実は、化粧品によって美肌菌(善玉菌)のエサとなる成分を与えることで、美肌菌(善玉菌)をサポートすることができるんです。このような美容法は「菌活スキンケア」「育菌美容」と呼ばれ、美容業界でも話題になっています。

では、美肌菌(善玉菌)のエサとなる成分とは何でしょうか。

代表的なものは、乳酸菌です。「腸内フローラ」の改善にも乳酸菌が入ったヨーグルトが有効なように、「肌フローラ」にも乳酸菌が良い影響を与えてくれます。「肌フローラ」をケアして美肌を目指すなら、乳酸菌が入った化粧品を取り入れて美肌菌(善玉菌)をサポートしましょう。

「肌フローラ」を整える生活習慣

乳酸菌入りの化粧品で行う「菌活スキンケア」「育菌美容」以外にも、「肌フローラ」を整える方法があります。

熱いお風呂、長風呂は避ける

皮脂が失われ、乾燥しやすくなることで、美肌菌(善玉菌)が育ちにくくなります。ぬるま湯で15分以内の入浴がおすすめです。

メイクはやさしく、でもしっかりと落とす

メイク汚れが残ったままだと、雑菌や細菌が繁殖しやすくなります。しっかり落とせる、肌にやさしいメイク落としを選びましょう。

洗顔料はよく泡立てて、やさしく洗う

「バリア機能」が乱れると乾燥しやすくなり、美肌菌(善玉菌)が育ちにくい環境に。「バリア機能」を傷つけない、やさしい洗顔がポイントです。

保湿をしっかりおこなう

乾燥すると「肌フローラ」が乱れやすくなるので、「バリア機能」を整えるような保湿力の高いスキンケアが大切です。

よく寝て、バランスよく食べる

ストレスやホルモンバランスの乱れも、「肌フローラ」の乱れを招きます。睡眠と食事に気を付けて、ストレスの少ない生活を送りましょう。

運動して汗をかく

汗は美肌菌(善玉菌)のエサ。寝る前にストレッチや軽めの筋トレでじんわり汗をかけば、眠っているあいだに美肌菌(善玉菌)が増えていきます。


「バリア機能」と同じく、肌を乾燥やトラブルから守ってくれる「肌フローラ」。
残念なことに、美肌菌(善玉菌)は年齢とともに減っていく傾向があるようです。あなたも今日から「菌活スキンケア」、はじめてみませんか?

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。