その肌荒れ・ニキビは「マスク荒れ」かも…!原因と対策は?

スキンケア

「なんだか最近、肌荒れやニキビが多いなぁ」そんな風に感じているなら、もしかしたら「マスク荒れ」かもしれません…。新型コロナウイルスの影響で、日常的にマスクをする生活が続いている今。マスクによる肌荒れを感じる方が増えているようです。今回はそんな方たちのために、「マスク荒れ」してしまう原因や対策方法についてご紹介します!

「マスク荒れ」による、さまざまなトラブル

マスクはウイルスや花粉などを防いでくれたり、ノーメイクのお肌を隠してくれたり(笑)する一方で、こんな「マスク荒れ」の症状にお悩みの方も。あなたもこんなお悩み、ありませんか?

●ニキビができやすくなった
●ニキビが治りにくい気がする
●乾燥して化粧ノリがイマイチ…
●カサカサで赤くなっている

このように、マスクを着けることで肌が荒れてしまうのは、どうしてなのでしょうか。

「マスク荒れ」の原因は?

「マスク荒れ」の原因はいろいろ。ひとつずつ見ていきましょう。

マスクによる摩擦

マスクを着けたり外したりするときも、マスクを着けて話すときも、マスクと肌との間には摩擦が生じています。たとえ少しの摩擦でも、その刺激が度重なると、角質層がはがれて肌のバリア機能が低下。「バリア機能」とは肌にもともと備わっている、肌が自らを守る力のことで、バリア機能が整った肌は乾燥や紫外線、摩擦などの外的刺激に負けにくく、肌荒れやニキビが発生しにくいといえます。つまり、マスクによる摩擦が肌のバリア機能を低下させ、肌荒れやニキビといった「マスク荒れ」を引き起こす原因になっているのです。

マスクの素材や付着物

マスクの素材が、肌荒れの原因になっている可能性もあります。ふだんは服の素材に特にこだわらないような人でも、マスクはデリケートな口元の肌に長時間密着するものなので、素材選びには注意が必要です。またマスクに付着した花粉やホコリ、汚れなども、肌荒れやニキビの原因になります。

温度・湿度の変化による乾燥

マスクを着けていると、吐く息のスチーム効果でマスクの中は温度や湿度が高い状態に。肌もしっとり保湿されているように感じますよね。でもマスクを外すと、マスクの中の水分が一気に蒸発して、肌の水分も一緒に奪ってしまうのです。マスクを外したとたんに肌が突っ張るように感じるのは、乾燥の証拠。こうした急激な温度・湿度の変化が、肌にとってはストレスになってしまいます。このストレスを繰り返し受けることで肌のバリア機能が低下し、肌荒れやニキビといった「マスク荒れ」を引き起こしてしまうのです。

呼吸によるマスク内のムレ

マスクの中は、吐く息がこもって常にムレている状態。細菌が繁殖しやすいので、ニキビを悪化させてしまうことがあります。マスクでおおわれる部分は、思春期ニキビができやすい鼻、大人ニキビ(吹き出もの)ができやすいフェイスラインや口まわり、あごなどと重なっているので、余計に影響を受けやすくなっています。

「マスク荒れ」しにくい肌づくりのポイント

では、「マスク荒れ」を防ぐにはどうすればいいのでしょうか。このご時世、「マスク荒れ」しているからマスクをしないということは難しいかもしれませんが、「マスク荒れ」しにくい肌に整えていくことはできます。マスクによる肌ストレスをなるべく受けないためのポイントを押さえておきましょう。

肌のバリア機能を整える

「マスク荒れ」の原因の多くは、突き詰めると「肌のバリア機能が低下している」ということになります。毎日のスキンケアで肌のバリア機能を整えておけば、マスクの摩擦や素材、付着物による刺激や、マスク着脱時の急激な温度・湿度変化によるストレスを和らげることができます。またバリア機能が整った肌は、ニキビのできにくい肌であるともいえます。

清潔に保つ

「マスク荒れ」の症状の中でも、とくにニキビの場合は清潔にしておくことが大切です。ニキビの原因となる皮脂汚れなどが肌に溜まっていると、マスクによる刺激でニキビができやすくなるので、毛穴の奥まですっきり(でもやさしく)と洗いましょう。

低刺激

ただでさえマスクによる刺激が多いのに、スキンケアからも刺激を受けていては肌の負担は増えるばかり…。ケアをしているつもりでも、結果的に「マスク荒れ」しやすい肌になっていることも少なくありません。「マスク荒れ」予防にも、すでに「マスク荒れ」してしまっているデリケートな肌のためにも、スキンケアは低刺激なものを選ぶことが基本です。

「マスク荒れ」対策には「肌〇」がおすすめ

敏感肌・トラブル肌のために、低刺激で高品質なスキンケアアイテムを追求する「肌〇」シリーズは、「マスク荒れ」予防や「マスク荒れ」した肌へのスキンケアにぴったりです。中でもおすすめのアイテムと、その理由をご紹介します。

「バリア機能」を整えるオールインワンゲル【アクアモイスチャーゲル】

肌〇シリーズの中でも1番人気の、オールインワン保湿ゲルです。肌になじみやすく刺激になりにくい保湿成分として、3種の「ヒト型セラミド」と「ヒト型コレステロール」を配合。角質層をピタッと密着させて、「マスク荒れ」対策の要となる肌のバリア機能を整えます。

さらに保湿成分の「シロキクラゲエキス」と「ツバキ油」が、潤いのヴェールで肌をやさしく保護。整肌成分「グリチルリチン酸2K」が、肌をすこやかに保って肌荒れを防ぎます。

「バリア機能」を守って洗う泥炭泡洗顔【ナチュラルフェイスソープ】

肌のバリア機能を守りながら洗うなら、固形石鹸がおすすめです。固形石鹸の魅力は、肌を洗浄し続けてバリア機能を壊す恐れのある合成界面活性剤ではなく、酸性の皮脂汚れを弱アルカリ性の性質で中和して落とすところ。

さらに肌〇のナチュラルフェイスソープには、吸着力のある炭と粘土を配合。泡を肌の上に乗せるだけで、毛穴の汚れや古い角質、皮脂をやさしく落とすことができます。ゴシゴシこすらなくても洗えるので、肌のバリア機能を傷つけにくいのです。洗浄成分は、100%植物由来※。たった5秒で濃密なモコモコ泡がつくれるので、今まで固形石鹸を避けていたという方にも好評です。

※洗浄成分の主となる部分が100%植物由来

マスク生活の前よりもきれいな肌に

これからもしばらくは続きそうなマスク生活。うまく付き合いながら健康的な肌を保つために、「新しい生活様式」の中に「スキンケアの見直し」も組み込んでみてはいかがでしょうか。

「マスク荒れ」対策としてご紹介した
・肌のバリア機能を整えること
・肌を清潔に保つこと
・低刺激のスキンケアを選ぶこと

は、美肌ケアとしても大切なポイントです。

マスクを取って過ごせるようになるころには、コロナ前よりもきれいな肌になっているといいですね。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。