「本当にいい成分を、毎日使える価格で」それを叶えるスキンケア化粧品

スキンケア

価格がまったく同じ化粧品でも、高級成分がたっぷり配合されているものと、一般的な成分しか配合されていないものがあります。これは一体どういうことなのでしょうか。 今回は、敏感肌・トラブル肌のためのスキンケアブランド「肌〇」が、化粧品の販売価格について考えていること。そして本当にいい成分を配合したスキンケア化粧品を、毎日使える価格で提供するために、どのような取り組みをしているかについてお話しします。

化粧品の価格に含まれているものは?

化粧品の販売価格には、大きく分けて「成分の原材料や処方にかかるコスト」「容器やそれを包むパッケージにかかるコスト」「流通や広告にかかるコスト」が含まれています。

それぞれの割合はとくに決められていません。だから、成分などの中身にあまりコストがかかっていないのに、高額で販売されている化粧品もあれば、逆に中身にコストをかけていても、お手頃価格で販売されている化粧品もあります。 あなたならどちらの化粧品を使いたいですか?

「いい成分は高い」という現実

「肌〇」は、敏感肌・トラブル肌の悩みを抱える方々が最後にたどり着くスキンケアブランドを目指して、徹底的にお客さま目線に立った商品開発をしています。そうすると、どうしても肌にいい成分をたっぷり配合したスキンケア化粧品になってしまうんです。

でも、いい成分はやっぱり高い…。「高いから、使わない」という選択肢も、「高いから、販売価格も高くする」という選択肢もありますが、肌〇は「いい成分は高いけど、使いたい。けど販売価格は高くしない」と決めています。 その理由は…

スキンケアは、毎日使える価格であるべき!

美しく健康的な肌を保つためには、肌本来の「バリア機能」を整えることが大切です。そのために、肌に足りない成分を補うスキンケアは、毎日続ける必要がある。「肌〇」は、そう考えています。

だから、スキンケア化粧品は贅沢品であってはいけないんです。高いからと時々しか使わなかったり、使う量を極端に少なくしたりといった使い方では、せっかくのいい成分も効果を発揮できません。 スキンケア化粧品は、毎日続けられる価格であるべき。これは「肌〇」の信念でもあります。

成分には妥協せず、パッケージは低コストに

キラキラした宝石箱のような容器や、繊細な光を放つガラス容器などに入った化粧品は、並べているだけで気持ちが高まり、使うたびに幸せな気分になれます。化粧品にはこういった役割があることも事実ですが、「肌〇」はかなりシンプルなデザインの容器を採用しています。

色は白一色。どこに置いても邪魔にならないように…ということでもありますが、本当の理由は、着色にかかるコストを省くためです。とはいえ、愛着がわくようなちょっとしたかわいらしさを出せるように、フォルムにはこだわっています。

また容器に関してこだわっているところといえば、ポンプのノズル。「アクアモイスチャーゲル」と「アクアモイスチャーピーリング」は、製造工場が違うにも関わらず同じノズルを採用することで、大量生産してコストカットを行っています。

そして商品を包むパッケージは、立派な化粧箱ではなく、商品のまわりをくるっと巻いただけの帯を採用。少しでも紙の量を減らすことで、コストが削減できます。さらに一回の工程でなるべくたくさんの帯をつくることができるよう、裁断するときに無駄な部分が出ないデザインも追及。容器と同じく、着色コストを省くために色数も少なくしています。 トライアルセットに関しては、帯すらなく、OPPと呼ばれる透明な袋に入っているだけ。ネットでの通信販売でも、配送コストを節約するために簡易包装を徹底しています。

ひとつひとつは小さな取り組みですが、積み重ねることで大きなコストカットに。こうして成分などの中身以外にかかる費用を抑えることで、中身には一切妥協することなく、毎日使えるお手頃価格をキープしています。

「肌〇」はこれからも、中身で勝負します!

同じくコストカットの観点から、テレビCMや雑誌広告なども一切行っていない「肌〇」。口コミと店頭販売だけで、これだけたくさんのお客さまにご愛用いただけているのは、「中身」で勝負しているからだと思っています。

「肌〇」はこれからも、余分なコストは徹底的にカットしていきます。そして、敏感肌・トラブル肌の方々が「使い続けたい」と思うような、高品質なスキンケア化粧品をつくり続けていきます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。